« 中山競馬場さんぽ | トップページ

2012年4月 6日 (金)

天草のばあちゃん

P1060180

祖母が亡くなってから、ひと月ほど経ちました。
熊本県の西にある島、天草に住んでいました。

山あり、海あり、田んぼあり、
やったことないけど、観光資源はイルカウオッチング。

P1060233

子どものころは価値がわからず
苦手だったけど、ウニ料理も人気。

P1060196
(ぜいたくうにコロッケ。)

とてもとてもきれいな島です。

中学校上がるまでの間まで毎年、
夏の1か月をこの島に渡って祖母と過ごした。

P1120473
(牛深ハイヤ大橋)

多産な祖母で孫は15人くらい、
私は10番目くらいの孫だったから、
遠慮しなくてはと
子どもながらに思ってた。

なのにばーちゃんときたら、
そんな子どもなりの心づかいもしらず!
夏が終わって関西に帰る時はいつも、
お財布から
「はい、おこずかいー」といって
お金をくれようとした。

その財布がまたちっちゃくて、
おまけに祖母の部屋には
自分用に買ったものがほんとなんにもなくて、
これはイカンと
「いらないよー!」といって
毎年走って逃げた。

あとからおばさんとか他の人経由で、
小さくたたまれた千円札が届いた。
ちゃんとお礼言えなかった。

もらい下手な孫でした。

P1120530_2

元気なころのばあちゃんは、
午前中はいつも裏の畑にいた気がする。
それか、
庭でごみを燃やしてた。

ゴウゴウ燃えたままほったらかしで
どっかいっちゃうから、
火事にならないか心配になって
いつも頼まれもしないのに火の番をしたんだけど、
いつも何も事件は起こらず、
全部燃え尽きたら、消えてった。

午後は時々、ばあちゃんの茶飲み友達が
鍵の掛かってない玄関からするりと入ってきた。

P1060224

いつも人のことばっかり考えてるばあちゃんでした。
母も、そーいうとこあるかもしれない。

わたしは、まだまだまだですが、
そんなばーちゃんの孫であることを嬉しく思うのです。

P1010335

|

« 中山競馬場さんぽ | トップページ

関西人の生活(徒然日記~関西編)」カテゴリの記事

コメント

初めまして!東京でモデルとして活動している高原優一郎とゆうものです。突然失礼します☆

ふと今,眠りにつく時,頭に約2年程前に亡くなった天草のばあちゃんの事思い出していました。

僕からすると母方の祖母が天草でちっちゃい頃から『天草のばあちゃん』て呼んでました。

実家福岡にいた頃は毎年天草のばあちゃんちに帰っていましたがほんっとに海と山と田んぼに囲まれて大好きな場所でした!独特の香りがするのであの匂いがし出すと『そろそろ着く!』とわくわくしてたのを今でも思い出します。

赤いカメラさん同様,うちの天草のばあちゃんもパワフルでよく山に作業しにいく時ついて行ってましたし,人の事を第一に考える人で大好きでした!親戚が集まれば天草のばあちゃんを囲んで長テーブル作って新鮮な魚が次々と運ばれてきていました。

ある日,友達と夜中話してる時,突然電話が途切れ,切れてしまったことがありました。すぐにかけ直し,『さっきのなんだったんだろうね?』と不思議に思いながら話してました。

翌朝,母からメールが1通あり見ますと『天草のばあちゃんが〇時〇分に亡くなりました。すぐに連絡下さい』とありました。

友達と話してて電話が突然切れた時間とそのまんま同じ時刻でした。

泣きながら空に『ばあちゃん来てくれたんやね。ありがとう…』て言ったのを思い出します。

ふとそんな天草のばあちゃんの事を思い出して今ベッドに横になっていますと,何故かネットで『天草のばあちゃん』と検索したくなり打ったらトップに赤いカメラさんのblogにヒットしました。

もうびっくりしました!!内容もほぼ一緒だったので!!あとうちのばあちゃんとも写真そっくりですo(^-^)o

赤いカメラさんと僕の天草のばあちゃん,きっと天国で元気にパワフルに暮らしてると信じています!心配かけないように一生懸命頑張りたいと思います!

とっても素敵なblog感謝致します。ありがとうございました!感謝致します。


高原優一郎

投稿: 高原優一郎 | 2012年7月 3日 (火) 03時24分

高原さん

こんにちは!
メッセージありがとうございました!!shine

“独特の香り”や、“「そろそろ着く!」”のわくわくnote感、
こちらこそもう、「ああ、わかるわかる・・・!」ということばかりで
とても感動しました。
“ばあちゃんを囲んでの長テーブル”も
全く一緒です(笑)
そして、おいし~海鮮fishが出てくるんですよねー♪

ばあちゃんを知っている人に出会えた気分で、
とても嬉しい気持ちになりました。
こちらこそ、暖かいメッセージ
本当にありがとうございます。clover

亡くなられた日には
とても不思議な体験をされたのですね。
でも、それだけばあちゃんにとって高原さんは
大切な存在だったのですね。

私はばあちゃんがなくなった時とても悲しかったですが、
その時思い出したいろんな思い出や、
ばあちゃんを自慢に思う気持ちを
これからもけして忘れないように・・・と思い
ブログにしました。

その記事が誰かに共感してもらえたこと
とても嬉しく思っています!

ではでは私のことばかり長ナkがとごめんなさい!
なんだか同じにおいのするばあちゃんをもつ
高原さんのご活躍、
応援してます・・・!!

投稿: ちゅんすけ | 2012年7月10日 (火) 16時24分

赤いカメラさんご無沙汰しています!高原優一郎です!

またこちらにお伺いさせて頂きました!

明日もまたファッションショーです!天草のばあちゃんにも見せたかったです!

天国で見てくれてるといいなぁ…☆

もうすぐ命日です。


今こうして生かされている事がどれだけ有難いことか身に沁みて感じています。

明日も笑顔で頑張ります!

赤いカメラさんもキラキラ笑顔で過ごせるといいですねo(^▽^)o


では失礼致します(^_−)−☆

投稿: 高原優一郎 | 2013年2月25日 (月) 03時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198854/44711209

この記事へのトラックバック一覧です: 天草のばあちゃん:

« 中山競馬場さんぽ | トップページ